治験コーディネーターとは、どんな仕事?

治験とは主に医薬品を用いた治療の効果を確認するための臨床試験のことであり、その薬が疾患に対してどの程度の有効度を持っているのかどうかを確認することが主な役割となっています。
また日本でまだ認可されていない医薬品の認可を得るためのデータ収集としても利用されており、治験を行うことによって日本政府に新薬を認可させるように求めることもできます。
このような治験に関して重要な役割を担っているのが治験コーディネーターと呼ばれる仕事であり、治験業務の現場において全体を統括する役割を担っていると言われています。

治験コーディネーターになるために必要な資格というものは実質存在していないのですが、医療方面および薬剤方面での専門的な知識が絶対的に必要になってくるので特定の業種の資格を応募資格として設定しているところが多いとされています。
その中でも代表的な業種として言われているのが看護師や薬剤師であり、転職目的で治験コーディネーターになったと言う人も少なくありません。

実際に治験コーディネーターの求人に記載されている必要資格の中には看護師や薬剤師が明記されていることが多いのですが、これらの資格以外にも臨床検査技師・保健師・管理栄養士・臨床心理士など幅広い業種から転職することが可能となっています。
求人を掲載しているところは製薬会社や病院・治験専門の施設であることが多く、それ以外にも薬局など小規模の施設で募集されている事もあります。

また治験コーディネーターに必要とされている資格のほとんどは治験コーディネーターとともにチームを組んで治験を行う立場であるということが多く、そのため実際の業務にかかわりながらどのような仕事なのかと言う情報収集をすることができるようになっているというところが特徴です。
そのため治験コーディネーターは治験業務に関する全体像を把握することが敬虔でできるようになっていることが必要であり、それらのチームの業務連携を図ったり被験者も含めた全体とのコミュニケーションを統括する能力やトラブルを未然に防ぐための観察力・判断力も必要とされています。

では治験コーディネーターの給料はどのようになっているのかと言うと、職場や勤務環境によって差が大きいと言われています。
相場としては5年勤務することによっておよそ年収が500万円程度であるとされていて、大手企業の場合は年収700万円を超えるケースもあるとされています。

ページの先頭へ