製薬会社のMRとは、どんな仕事?

製薬会社のMRというのは、非常に幅広い枠組みで考えれば、営業職ということになるでしょう。
実際、多くの製薬会社で、MRの名刺を見ると営業部門の所属となっていることからもそれは窺えます。

他の業種で、その企業の製品を購入してくれる顧客のところに出向いて売り込みを行うのと似たような感じの仕事というのは間違っていません。
製薬会社の製品とはつまり医薬品であり、その薬を購入してくれるのは病院の医師です。そこに出向くことはMRの仕事に間違いはありません。

しかし、ではなぜわざわざMRと呼ぶのでしょうか。ここに一般的な企業と製薬会社との違いがあります。
MRとは、Medical Representativeの略で、日本語にすると医薬情報担当者となります。情報という用語がキーワードです。

医薬品というものは、一般的な企業の商品、製品と大きく違うところがあります。
それは、ヒトの生命、健康に直結するということです。
ですから、どんな薬であってもただ売れば良いというものではないという考え方が根底にあります。

ただ売るのではなく、情報が重要であるということで、その薬を飲んで何か副作用は無かったかどうかということを医師から聞き取ります。
逆に、他の病院でこういう患者さんが服用したところこういう副作用が起きたから注意して下さいといったことを医師に伝えます。
このような、情報収集、情報提供の主役を務めるのがMRなのです。

もちろん、MRは情報収集や情報提供にだけ関心があって、自分の会社の医薬品の売上げには全く無関心なのかというとそんなことはありません。
目的と手段を履き違えないで欲しいということです。

医薬品の場合、そのような情報交換をきっちりと行えば、そしてその薬が本当に効果があって副作用も少ないものならば、必然的に売上げも上がるはずだからです。
売上げを上げることだけが目的ならば、例えば薬に関する情報交換を無視して接待を行うことも手段の一つかもしれませんが、それはMRの仕事ではありません。

確かに、かつてはそういう営業も行われていたことは事実ですが、医薬品というものの性質に照らして、それでは結局は患者さんのためにはならないということで、業界全体として見直しが行われ、現在のような姿になったのです。

患者自身としては、本当に効くか、副作用にはどんなものがあるのかの観点ではなくて、その製薬会社の接待が豪華だからという理由で医師が選んだ薬を使いたい人は誰もいないでしょう。

ページの先頭へ