お薬手帳を持参すると安くなる条件はこれ

お薬手帳は、医療機関で処方された薬の情報を記録して、薬の名前や服用の注意点、調剤日などが記載されているもので、どの薬をどのくらいの期間服用しているかなど、他の医療機関で処方された薬との飲み合わせなどを医師や薬剤師が処方の目安にできるものです。
それにより、飲み合わせの悪い薬を処方したり、あるいは重複して処方するなどを避けることができます。

2016年4月から、お薬手帳を持参すると、医療費を安くできるようになりました。
これまではお薬手帳に情報の書き込み、飲み残した薬の量の確認、ジェネリック薬品の情報提供としての「薬剤服用歴管理指導料」として410円、3割負担の場合で120円を薬局に支払いをしなければならなかったのです。

お薬手帳を持たない人の管理指導料は340円で、3割負担の場合は100円だったこともあり、お薬手帳を持参しない人も多くいました。
それが改訂により、管理指導料を手帳を持参した人は380円(3割負担で110円)、持参しない人は500円(3割負担で150円)となったのです。

お薬手帳持参で割引となるようになったのですが、これには条件があります。
お薬手帳を持参していて、かつ、6か月以内に同じ薬局を利用していることです。
また、その利用する薬局が特定の医療機関からの処方箋が9割を超えて、月に2500枚以上の処方箋の受付をしている大型門前薬局ではないことがあげられます。

同じ病院に通院している場合や、定期的に(もしくは、6ヶ月以内に)薬を処方してもらっている人にとっては、お薬手帳を持参してかかりつけの薬局へ行く方が安くなるのです。

お薬手帳を持参しても料金が変わらない場合もあります。
それは初めての薬局を利用した場合、もしくは2回目以降でもその薬局を過去6か月以内に利用していない場合です。

かかりつけ薬局を決め、複数の医療機関の処方箋を1つの薬局で管理してもらう事で医療費の負担も少し安くなります。
お薬手帳にきちんと記載された薬の名前や、用法、用量などの確認ができることは、患者にとって安心できる要素です。

ページの先頭へ